場内指名と延長|チューもモミモミもあり!おさわり可能なセクキャバの楽しみ
振り返る女性

場内指名と延長

見つめる女性

夜のお店で遊ぶ男性は、その遊びの中で必ず一人か二人、ビビッとくる、ここで会わなければきっと恋に落ちたに違いない……そう思うような女の子と出会ってしまうことがあります。たとえばセクキャバなら、「この子のおっぱいをずーっと、できれば世界が終わるまで揉んでいたい!」そう思うような女の子と、出会ってしまうことがあるのです。
とはいえもちろん、世界が終わるまで彼女のおっぱいを揉み続けることはできません。セクキャバには閉店時間というモノがあるし、彼女にはプライベートがあるし、私たちにだってマァいやいやながらなのかやりがいを持っているのか人それぞれですが仕事があったり家庭があったり、あるいはエロとは関係ない釣りや読書やサイクリングみたいな趣味もあるし……というわけで、恋に落ちそうなセクキャバ嬢に出会ったとしても、実際におっぱいを揉み続けられる時間は限られています。しかしその限られた時間を、できるだけ長く延ばすためにイロイロすることはできます。
たとえば女の子を「場内指名」すると、その後時間いっぱい、彼女一人とイチャイチャできます。セクキャバはフリーで入ると女の子が入れ代わり立ち代わりだいたいワンセットで3人くらい相手してくれる感じになりますが、場内指名をすれば彼女一人とイチャラブできちゃうのです。
それに加えて、セクキャバでは「延長」も可能になっています。もちろん料金が必要ですが、30分、60分といった単位で彼女との(そして彼女のおっぱいとの)お別れの時間を、先延ばしにすることができるのです!